Last up date 2017/02/02

プログラムを一部修正しました(2017/02/02)
プログラムを公開いたしました(2017/1/14)
テーマを公開いたしました(2016/12/12)
ホームページを公開しました(2016/11/15)

 

第23回社会情報システム学シンポジウム

一般セッション講演および参加者募集


概要

 社会情報システム学研究会では,2017年2月6日(月)に,第23回社会情報システム学シンポジウムを,電気通信大学大学院情報システム学研究科社会情報システム学講座,一般社団法人社会情報学会(SSI)と共催にて,開催いたします.
 本シンポジウムでは,「計算社会科学を考える〜現状と展望」をテーマに基調シンポジウムを行います.本年は,基調講演者として株式会社サイバーエージェントの高野雅典氏をお招きするとともに,創価大学の岡田先生らに関連領域からの話題提供をいただき,産学両面から計算社会科学について議論したいと考えております.
  また,社会情報システム学に関する最先端の研究発表を公募いたしまして,採用の論文につきまして学術講演論文集(ISSN:1882-9473)を発行いたします.また,学術講演論文集に掲載された論文の抄録は,独立行政法人科学技術振興機構のデータベースJDreamVのJSTPlusに収録されます.ご関心をお持ちの多数の方々のご参加をお願い申し上げます.




日時: 2017年2月6日(月)10:00〜17:30 
テーマ: 計算社会科学を考える〜現状と展望
会場: 電気通信大学情報システム学研究科棟2F233(大会議室),2F215(中会議室)他
所在: 〒182-8585東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 京王線:調布駅(北口)下車,徒歩9分
アクセス: http://www.uec.ac.jp/about/profile/access/

プログラム (詳細プログラム)
10:00〜12:00 一般セッション講演 1
12:00〜13:15 休憩
13:15〜15:15 一般セッション講演 2
15:15〜15:30 休憩
15:30〜17:30
基調シンポジウム「計算社会科学を考える〜現状と展望」

基調講演
  • 高野雅典氏(サイバーエージェント)
  • 講演タイトル:ヒトと社会を理解するための計算社会科学
  • 講演要旨:ソーシャルビッグデータはヒトや社会について理解するための強力なツールである。ビッグデータ登場以前には観測が難しかった大量で詳細なヒトの行動を分析可能にするからである。このような領域を計算社会科学と言う。本発表では計算社会科学研究のパターンを紹介し、それらの社会科学における位置づけについて議論する。次にそれらのうち2つの事例として、ソーシャルゲームデータを用いた協調行動研究、SNSのデータを用いた社会的グルーミングと社会構造の研究について紹介する。

話題提供
  • 岡田勇(創価大学)Computational Social Science: 世界的な潮流のレビュー
  • 小川祐樹(立命館大学):メディア・政治コミュニケーション研究における情報学的アプローチ
17:30〜19:30 懇親会:学内会場


  <一般セッションプログラム>
    【午前一般セッション】
     セッション1: 知識・情報伝承と不動産情報学
     座長:松井啓之(京都大学)
       1-1 中小製造業の技能伝承におけるOJTの効率的な運用手法について
         桶哲治(法政大),石島隆(法政大)
       1-2 経営者の知識移転の方法に関する研究 ナラティブ・インクワイアリに基づく参与観察手法
         杉森邦啓(法政大),岡本吉晴(法政大)
       1-3 不動産所有者と不動産活用をサポートする企業とのマッチング支援サービスの構築
         春田英樹(法政大),石島隆(法政大)
       1-4 潜在的情報を用いた飲食店用不動産賃料推定モデル
         荒川周造,諏訪博彦(奈良先端大),小川祐樹(立命館大),荒川豊,安本慶一(奈良先端大),
         太田敏澄(元電通大)
      
     セッション2: 未来社会の創造
     座長:篠田孝祐(電気通信大学)
       2-1 ポスト・シンギュラリティの「おそ松さん」的ライフスタイル
         植田康孝(江戸川大学)
       2-2 地方議会の活動の透明化を実現する情報システムアーキテクチャの構想
         本田正美(島根大)
       2-3 持続可能な地域交通の在り方について
         豊田稔(法政大),安藤敏也(法政大)
      
      
    【午後一般セッション】
     セッション3: 安全・安心社会とIT(IS棟3階309室)
     座長:岩井淳(群馬大学)
       3-1 商業施設向け可視光通信サービスの普及に関する考察
         大塚一由(法政大),安藤敏也(法政大)
       3-2 ハニーポットによる学内ネットワークへの不正アクセスの観測
         馬場一輝(東京都市大),梅原英一(東京都市大)
       3-3 サイバーセキュリティ政策における復元力に関する国際比較
         趙章恩(東大)
       3-4 個人情報保護に対する関心が行動に与える影響の分析
         井上沙紀(東京都市大),梅原英一(東京都市大)
      
     セッション4: データ解析とモデル構築
     座長:遠藤薫(学習院大学)
       4-1 価値共創モデルをベースとしたIoT製品の経済効果予測手法の開発
         有馬宏和(法政大),岡本吉晴(法政大)
       4-2 企業内つぶやきシステムの効用−アンケートとインタビュー結果
         岩本茂子(電通大),小川祐樹(立命館大),諏訪博彦(奈良先端大),太田敏澄(元電通大)
       4-3 東日本大震災におけるクラスタリングに基づく重要アカウントの発見
         秦恭史,諏訪博彦(奈良先端大),岸本康成,藤原靖宏,新井淳也,飯田恭弘,岩村相哲(NTT),
         鳥海不二夫(東大),安本慶一(奈良先端大)
      
     セッション5: 産業と経営
     座長:田中宏和(静岡大学)
       5-1 メキシコにおける産業集積の実態と課題−自動車関連企業の集積を中心として−
         税所哲郎(国士舘大学)
       5-2 経営者の定性評価診断に関する一考察
         田中昌一(法政大),松本祐二(法政大),村上健一郎(法政大)
       5-3 産婦人科医院の発展モデル
         〜メディカルサービス法人を活用した出産ライフステージ総合サービスへの転換〜
         紀平祐希(法政大),石島隆(法政大)
       5-4 新興市場上場企業の不正会計事例に対するIT利用監査の適用可能性
         石島隆(法政大)



<参加費等>
  • 参加費3,000円,懇親会費4,000円 ※事前振込の場合,各500円引きとなります.
  • 事前振込みの方は,2017年1月27日(金)までにお振り込みください.
     金融機関名:ジャパンネット銀行
     支店名:すずめ支店
     口座種別:普通口座
     口座番号:7193739
     口座名義人:シヤカイジヨウホウシステムガクケンキユウカイ
  • 当日払いの方は,受付にてお支払いください.

<一般セッション講演論文応募規定概要>
  • Web上の画面にて,300字程度の要約および必要事項を記入の上,2016年12月16日(金)(必着)までに,こちら(googleフォーム)からお申し込み下さい.締め切りました
  • 採用の方は,2017年1月20日(金)必着にて,カメラレディ原稿をお送り下さい.
  • カメラレディ原稿は,A4版6枚以内で,図表を含みます.
  • 予稿集は,電子データとして配布いたします.冊子が必要な方は,別途有料にて承ります.

<過去の開催情報>
第22回社会情報学システム学シンポジウム
第21回社会情報学システム学シンポジウム
第20回社会情報学システム学シンポジウム
第19回社会情報学システム学シンポジウム
第18回社会情報学システム学シンポジウム

<お問い合わせ先>
社会情報システム学研究会事務局 研究会幹事 諏訪博彦 e-mail:iss-office<at>ni.is.uec.ac.jp